1990年代のR&B

ジャネット・ジャクソン/That’s The Way Love Goes(それが愛というものだから)

「1990年代の洋楽でオススメのR&Bの曲を教えて」と言われたときに、真っ先に思い浮かぶのが、この曲です。

Janet Jackson / That’s The Way Love Goes

邦題は「それが愛というものだから」

この曲は、1993年に発売されたジャネット・ジャクソンの5枚目のアルバム「janet.」からのファーストシングルで、その年のビルボード年間シングルチャート4位を記録しました。

(janet./ジャネット・ジャクソン)

この「janet.」というアルバムからは、冒頭に紹介した「That’s The Way Love Goes」以外にも「Again」「Any Time,Any Place」など多くの曲がヒットしましたが、最近、僕が読んだ本の中には、こんなことも書いてありました。

安室奈美恵さんはジャネットへの愛と憧れを公言し、<リズム・ネイション 1814>以降のアルバムに特徴的な楽曲間に短いインタールードを挟む「ジャネット・スタイル」を取り入れていたほど。

そして宇多田ヒカルさんのデビューシングル<Automatic>がリリースされたのは1998年12月。日本音楽史のあらゆる記録を塗り替えることになる僅か15歳の彼女の衝撃的なデビューは、ジャネットがシングル<それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)>などでヒップホップ的メロウ・グルーブ路線を確立したアルバム<janet.>からちょうど5年後。

翌1999年11月にリリースされた<Addicted To You>、そして<Wait & See ~リスク~>ではジャネット・サウンドの統括者であるジミー・ジャム&テリー・ルイスが、直接宇多田ヒカル作品にプロデューサーとして関わったことでも音楽ファンの度肝を抜きました。

J-POPが一番売れた時代、日本中に愛された二人の歌姫が最もストレートに影響を「公言」した存在はジャネットだった。このことはもう一度思い返されるべきことだと思います。

ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち」(著:西寺郷太)より引用

音楽プロデューサーの西寺郷太さんの「ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち」という本にも書かれていますが、ジャネット・ジャクソンの「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」という曲により確立されたヒップホップ的メロウ・グルーブ路線は、その後のR&Bの音楽シーンに多大な影響を与えました。

そういった視点で考えると、ジャネットの「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」という曲がヒットした1993年という年は、R&Bの音楽シーンを考えるうえでは、ひとつの節目の年だったのかもしれません。

なお、ジャネット・ジャクソンは1966年5月16日生まれで「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」という曲を出したときは27歳でした。

ちなみに、1966年生まれの日本の芸能人は、小泉今日子さん、早見優さん、安田成美さん、鈴木保奈美さん、渡辺美里さん、中村あゆみさん、広瀬香美さんなどなど・・・

そういえば、みんな、もう50歳超えてるんですよねー、いやー、ジャネットも含め、みなさんお若い。


2017年1月4日朝日新聞デジタル

最近では、50歳で出産したことがニュースなどで報じられたジャネット・ジャクソンですが、2017年現在、一番新しいアルバムは、2015年に発売された「Unbreakable」

このアルバムの発売後、2015年11月に東京、大阪で来日公演も行われました。僕はジャネットのコンサートは一度ラスベガスで見たことがあるので、この来日公演もすごく行きたかったのですが、仕事の都合でどうしても行けず断念(涙)

と、それはさておき。


(Janet Jackson feat. J.Cole/No Sleeep)

ジャネットの最新アルバムから先行配信された最新曲「No Sleeep」は、今回紹介している「That’s The Way Love Goes」が1993年に大ヒットした立役者でもあるジャム&ルイスとの共同プロデュース。

そういう視点で見ると、たしかに曲のテイストは、「That’s The Way Love Goes」に近いものがあるかも。


(Whitney Houston/I Will Always Love You)

ちなみに、ジャネット・ジャクソンの「That’s The Way Love Goes」が年間シングルチャート4位を記録した1993年、1位だったのはホイットニー・ヒューストンの「I will always love You」


Billboard Year-End Hot 100 singles of 1993

この曲は、日本でも話題になった映画「ボディガード」の主題歌でもありましたし、サビの部分が印象的なのでモノマネなどもされていたため、おそらく知っている人も多いでしょう。

今回、紹介しているジャネット・ジャクソンの曲よりも、この曲の方が日本では有名と言えば有名でしょうね。


(SWV/Weak)

あらためて1993年のビルボード年間シングルチャートを見ると、今回紹介しているジャネットの曲以外にも、いわゆる90年代のR&Bの名曲をいくつも見つけることができます。

私個人的なオススメで言えば、1993年のビルボード年間シングルチャートの6位にランクインしている、SWVのWeak。

SWVは、この年、他にも20位にI’m So Into You、29位にRight Hereがランクインされていますね。どの曲も90年代R&Bの名曲と言えるオススメの曲です。


(Mariah Carey/Dreamlover)

他にも、日本人には馴染みのあるマライア・キャリーのDreamloverが8位にランクインしています。

マライア・キャリーというと、日本では「ヒーロー」や「恋人たちのクリスマス」という曲がよく知られてはいますが、他にもたくさん良い曲あるんですよね。このDreamloverという曲もそうですし、個人的には、Always Be My Babyなんかも好きかな。

ちなみに、マライア・キャリーの曲で、日本で一番売れたのは「恋人たちのクリスマス」という曲。なんと日本でも80万枚以上の売上。今でもクリスマス時期には街中で耳にしたりしますよね。

というわけで、今回は、「1990年代の洋楽でオススメのR&Bの曲を教えて」と言われたときに真っ先に思い浮かぶ曲、ジャネット・ジャクソン「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」を起点に、いろいろと書いてみました。

僕は1975年生まれなので、ジャネット・ジャクソン「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」がリリースされた1993年当時、18歳でまさにリアルタイムで聞いていたわけですが、今思い返してみても、あの頃のR&Bの音楽シーンって、また今とは違う面白さがあったなぁと思います。

1990年代のR&Bの名曲、他にもたくさんあるので、また別の記事で書いてみようと思います。

ご精読ありがとうございました。

-1990年代のR&B

関連記事

En Vogue(アン・ヴォーグ)/Hold On

アン・ヴォーグ(En Vogue)は1990年代のR&Bシーンを代表する女性グループで、その後、登場するSWV(エスダブリュヴイ)、TLC(ティーエルシー)、Jade(ジェイド)、Desti …

Jade(ジェイド)/Don’t Walk Away

Jade(ジェイド)は、ジョイ・マーシャル(Joi Marshall)、トーニャ・ケリー(Tonya Kelly)、ダイ・リード(Di Reed)による3人組の女性R&Bグループで、代表曲は …

SWV/Right Here

1990年代のR&Bシーンは、En Vogue(アン・ヴォーグ)、Jade(ジェイド)、TLC(ティーエルシー)、Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)など …

TLC/Waterfalls

TLC(ティーエルシー)は、メインボーカルのT-ボズ(T-Boz)、ラッパーのレフト・アイ(Left Eye)、コーラスのチリ(Chilli)の3人組の1990年代のR&Bシーンを代表する女 …

Destiny’s Child/No, No, No Part 2

Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)は、ビヨンセ(Beyoncé Knowles)、ケリー(Kelly Rowland)、ラトーヤ(LeToya)、ラターヴィア(L …