1990年代のR&B

En Vogue(アン・ヴォーグ)/Hold On

アン・ヴォーグ(En Vogue)は1990年代のR&Bシーンを代表する女性グループで、その後、登場するSWV(エスダブリュヴイ)TLC(ティーエルシー)Jade(ジェイド)Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)などの女性R&Bグループに大きな影響を与えた存在とも言われています。

(Born to Sing/アン・ヴォーグ)

アン・ヴォーグは、ドーン・ロビンソン(Dawn Robinson)、テリー・エリス、シンディ・ヘロン、マキシーン・ジョーンズ(Maxine Jones)の4人組として1990年にデビュー、“Hold On”、“My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)”、“Free Your Mind”、“Don’t Let Go (Love)”などのヒットを生み、今なお女性R&Bグループのひとつの理想型として大きな影響を与えるグループ。

bmrより引用

なお、デビューアルバム「Born to Sing」からのシングルカット曲「Hold On」は、1990年のビルボード年間シングルチャートで堂々8位にランクインしています。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1990

(Blue Magic/JAY-Z)

アン・ヴォーグのHold Onは大きく流行ったこともあってか、RAPアーティストのJAY-ZのBlue Magicという曲の中でも、♪Don’t waste your time Fighting blind~という部分がサンプリングされていたりもします。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1992

(My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)/アン・ヴォーグ)

また、セカンドアルバムの「Funky Divas」からのシングルカット曲「My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)」も、1992年のビルボード年間シングルチャートで7位にランクインしており、こういったチャートの情報からも、アン・ヴォーグが1990年代前半にどれだけ勢いがあった女性グループだったかおわかりいただけるでしょう。

(Funky Divas/アン・ヴォーグ)

なお、セカンドアルバムのFunky Divasからは「My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)」の他に、Give It Up Turn It Looseという曲も、1993年のビルボード年間シングルチャートで84位にランクインしています。

そして、1996年には、映画「Set It Off」のサントラに収録されたDon’t Let Goという曲が大ヒット。

(Don’t Let Go/En Vogue)

この曲は、翌年、1997年のビルボード年間シングルチャートでも7位にランクインすることとなります。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1997

このように、1997年もアン・ヴォーグは大ヒットを記録するのですが、この年をもって、メンバーのドーン・ロビンソン(Dawn Robinson)が脱退してしまいます。

1stアルバム「Born to Sing」

2ndアルバム「Funky Divas」

3rdアルバム「EV3」

デビューアルバム、セカンドアルバム、サードアルバムのジャケットを見比べるとよくわかりますが、1997年に発売されたサードアルバム「EV3」のジャケット写真には、ドーン・ロビンソン(Dawn Robinson)の姿はなく、4人組から3人組となっています。

(Whatever/En Vogue)

こちらが、ドーン・ロビンソン(Dawn Robinson)脱退後、3人組になってから初のシングルカット曲「Whatever」

この曲、個人的には好きな曲ですし、当時、クラブではよくかかっていたのですが、やはりドーン・ロビンソン(Dawn Robinson)の脱退が影響してか、以前のシングル曲と比べるとあまり売れなかったようです。

(Don’t Mess With My Man/Lucy Pearl)

一方、アン・ヴォーグを脱退したドーン・ロビンソンは、元ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のアリ・シャヒード・ムハマド(Ali Shaheed Muhammad)と、元トニ・トニ・トニ(Tony! Toni! Tone!)のラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)と3人で「ルーシー・パール(Lucy Pearl)」を結成。

「Dance Tonight」や「Don’t Mess with My Man」などの曲がヒットして、2000年にはアルバム「Lucy Pearl」がリリースされました。

(Lucy Pearl/Lucy Pearl)

というわけで、今回は、1990年代のR&Bシーンを牽引した女性グループ「En Vogue(アン・ヴォーグ)」のHold Onという曲を起点に、いろいろと書いてみました。

ご精読ありがとうございました。

-1990年代のR&B

関連記事

SWV/Right Here

1990年代のR&Bシーンは、En Vogue(アン・ヴォーグ)、Jade(ジェイド)、TLC(ティーエルシー)、Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)など …

Destiny’s Child/No, No, No Part 2

Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)は、ビヨンセ(Beyoncé Knowles)、ケリー(Kelly Rowland)、ラトーヤ(LeToya)、ラターヴィア(L …

ジャネット・ジャクソン/That’s The Way Love Goes(それが愛というものだから)

「1990年代の洋楽でオススメのR&Bの曲を教えて」と言われたときに、真っ先に思い浮かぶのが、この曲です。 Janet Jackson / That’s The Way Love …

TLC/Waterfalls

TLC(ティーエルシー)は、メインボーカルのT-ボズ(T-Boz)、ラッパーのレフト・アイ(Left Eye)、コーラスのチリ(Chilli)の3人組の1990年代のR&Bシーンを代表する女 …

Jade(ジェイド)/Don’t Walk Away

Jade(ジェイド)は、ジョイ・マーシャル(Joi Marshall)、トーニャ・ケリー(Tonya Kelly)、ダイ・リード(Di Reed)による3人組の女性R&Bグループで、代表曲は …