1990年代のHipHop

2Pac /Brenda’s Got A Baby

2Pac(本名:トゥパック・アマル・シャクール)は、1990年代のヒップホップシーンで活躍したラッパーで、今回紹介している「Brenda’s Got A Baby」という曲は、彼のソロデビューアルバム「2PACALYPSE NOW」からのヒット曲です。

(2PACALYPSE NOW/2パック)

(I Get Around/2Pac)

1991年のデビューアルバム「2PACALYPSE NOW」に続き、1993年にセカンドアルバム「Strictly 4 My N.I.G.G.a.Z.」をリリース。このアルバムからは「I Get Around」「Keep Ya Head Up」などがヒットしました。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1993

(Keep Ya Head Up/2Pac)

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1994

(Strictly 4 My N.I.G.G.a.Z./2パック)

1994年の11月、ニューヨークのレコーディング・スタジオのロビーで彼は5発の銃弾を浴び、かろうじて命は取り止めたものの、現場に居合わせたノトーリアスB.I.G.やショーン・パフィ等が見て見ぬふりをしたことをきっかけに、2Pacは、今回の事件はビギー(ノトーリアスB.I.G.)達の差し金と考え、公然と彼等を攻撃し、それが後のヒップホップ東西ディス戦争の加熱に拍車をかけるきっかけとなってしまう。(ローチケHMV/2Pac (トゥーパック) プロフィールより抜粋

(Dear Mama/2Pac)

1995年、サードアルバム「ME AGAINST THE WORLD」をリリース。このアルバムからは「Dear Mama」「Me Against The World」などがヒットしました。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1995

(ME AGAINST THE WORLD/2パック)

(California Love/2pac feat Dr.Dre)

1996年、4作目のアルバム「All Eyez On Me」をリリース。このアルバムからは、彼の代表作となる「California Love」が大ヒット。この曲は、1996年のビルボード年間シングルチャート17位にランクインしました。

Billboard Year-End Hot 100 singles of 1996

(All Eyez on Me/2パック)

(2 of Amerikaz Most Wanted/2Pac)

1996年5月、スヌープとの共演曲「2 Of Americaz Most Wanted」をシングル・カット。同曲のプロモーション・ヴィデオではパフィとビギーのそっくりさんをいたぶる。(2Pac(トゥパック)の生涯と未発表作品のまとめより抜粋

(Hit ‘Em Up/2Pac)

ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。

また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit ‘Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家、マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。(Wikipediaより抜粋

というわけで、今回は、1990年代に活躍したラッパー、2PacのBrenda’s Got A Babyという曲を起点に、いろいろと書いてみました。

ご精読ありがとうございました。

-1990年代のHipHop

関連記事

ノトーリアスB.I.G/Party And Bullshit

1990年代に活躍したラッパーといえば、ノトーリアスB.I.G(The Notorious B.I.G)を思い浮かべる人は多いでしょう。そんな彼のデビュー曲が、Party And Bullshit。 …